頭皮のかゆみが起こるのは真菌の一種であるマラセチアが大量に増加するためです。ではこのかゆみを増やしてしまうマラセチアはなぜ増えるのか?っと、この説明についてはトップページでも話していますが、毛穴から大量に皮脂が増えてしまうからです。

基本的に、毛穴から皮脂が増えることは誰しもが起こる症状です。しかし、皮脂量が起こる原因としては、普段の食事が影響することがわかっています。

例えば、脂っこい食べ物を毎日のように食べすぎることで増えてしまいます。食べることはけっして悪いことではありませんが、過剰に食べすぎることが問題です。

過剰に食べすぎることが原因で、大量に脂肪が増えてしまい、これが原因の1つとして、毛穴から皮脂が大量に放出され、その皮脂をエサとするマラセチアが増加し、かゆみの原因になるわけですね。

1日適量のお肉を食べれば大丈夫。というわけではありませんが、皮脂量が多いと、どうしても脂肪性皮膚炎が起こりやすくなるために、ちょっとした工夫としては、運動をしてもいいかと思いますね。

1日に30分以上、体を動かすことで脂肪燃焼の作用があるために、体内にたまった脂肪を減量することにつながります。