頭皮に対してかゆみを感じることはあるかと思いますが、1日の中で何度も異常なかゆみを感じた時は抗真菌成分が原因かもしれません。

抗真菌成分が異常に増殖することが原因で、頭皮に一部に痒みが起こります。

一般的な市販のシャンプーを使うことでかゆみを抑えることが出来るのなら、さほど悩むことはありません。しかしながら、痒みが収まらず、症状がどんどんと悪化する場合は、抗真菌が悪化している恐れがあります。

そこで抗真菌を死滅させるために利用するのがニナゾールシャンプーになります。

ニナゾールシャンプーの有効成分にケトコナゾールが含まれています。このケトコナゾールには抗真菌であるケトコナゾールを死滅させる作用があります。

そのために、毎日のようにニナゾールシャンプーを利用することで、頭皮のかゆみや炎症を抑えることが期待できます。

これがニナゾールシャンプーの効果でありメリットになります。私も抗真菌が過剰に増加した時にかなりお世話になっていました。

しかしながら、メリットもアレばデメリットもあります。たとえば、デメリットの中で、泡立ちが悪いことです。

やはり、髪や頭皮を洗う時は、泡立ちが良いほうが、「きれいになったな~」という爽快感をえることが出来ると思います。

ニナゾールシャンプーは、泡立ちや香り、爽快感よりも、真菌を死滅させることを重視しています。

それから、用量の割りに値段が高いことです。ニナゾールシャンプーは市販では販売していません。ネットの通販か病院の皮膚科しか購入することができず、価格が比較的高いです。

ニナゾールシャンプー 1本、100ml、1500~2000円

私がニナゾールシャンプーを使う前は、市販シャンプー(500ml、500円)を利用していいたために、かなり高額シャンプーと思いながら使っています。

ただ、安い市販シャンプーの場合は、成分に界面活性剤が含まれている事が多いことがわかっています。

この界面活性剤が含まれているシャンプーを長期間使っていると、頭皮を痛めやすいことがわかっています。

頭皮を痛めると、真菌同等に悩まされてしまうために、シャンプーを選ぶ時は有効成分をチェックしてから使いたいものです。