ニゾラールシャンプーの有効成分であるケトコナゾールは頭皮を洗うシャンプーだけでなく、水虫の薬としても使われています。

水虫薬などの医療用医薬品として用いられる抗真菌薬を主成分が1日1回で効く外用薬が主流になっています。

主流になっている成分としては、ケトコナゾール、テルビナフィンやプテなフィン、ラノコナゾールなどが病院や市販薬として利用されています。

効き目として、いずれも角質に長くとどまり、原因である菌である白癬菌に対して持続的な殺菌効果を発揮してくれます。毎日欠かさずにきちんと使えば完治させる効果が期待できます。

ケトコナゾールなどの菌を死滅させてくれる成分は、他と製品と比較して、差はそこまでありません。そのために、患部の状態に合ったベースによって且つ使いやすい製品を選ぶことが重要。

例えば足の指の間に亀裂ができるジクジク型のかゆみの刺激はワセリンタイプがオススメ。軟膏やクリーム、あるいはジェルタイプの薬を塗ることで、ガサガサした水虫には熱くなった角質にも浸透しやすい液剤や角質を柔らかくする尿素やサリチル酸などを配合した製品が向いています。

ただし、患部に塗る時に、片手で塗るために、若干の違和感を感じる人がいるかもしれません。外用薬や軟膏はどうしても手で塗るために抵抗がある人もいるために、そのような人はスプレータイプが便利。ノズルの形を工夫することで、狭い趾の間から比較的広い範囲までケアできます。

痒みが強い時は引っかかいて患部を傷つけたりしないようにして、かゆみを止め成分を配合した薬を選ぶと良いかと思います。

ただし気をつけたいのが、どんなに効き目が良いと言ってもすぐに菌を死滅させるわけではありません。使い始めて最低でも1~2ヶ月は塗り続けることが重要になるかと思います。

改善しなかったり、逆に悪化したりした場合は、他の病気の可能性があるために、皮膚科に受診をするようにしましょう。